WACATE2019冬「あなたの番です」参加レポート1日目!

ソフトウェアテスト業界にはお馴染みのWACATEにやってまいりました!
f:id:yuki_shiro:20191214231734j:plain
若手(若手じゃなくても)が手を動かして学ぶ2日間合宿形式のワークショップです!さあ、加速できるかな?

BPPセッション

(はるにゃんさん)
何も言わない。これを見てくれ。
f:id:yuki_shiro:20191214231620j:plain
石油王に敬意を表して、私にしてはグラフィックなグラレコになりました。
BPPをとるために戦略的に考えて、インパクトに残るポジションペーパーにしているのかの過程を説明してくれて、すごく分かりやすかったです。人生初の登壇だったそうですが、間の取り方もうまくて何度も爆笑が巻き起こったセッションでしたw
テストラジオでもBPPセッションの裏話が紹介されているので、ぜひこちらも聞いてください!
testradio.fm

業務でも活用できるソフトウェアテストの7原則

(ブロッコリーさん)
資料やセッションの経緯は、ブロッコリーさんがブログで公開してますので、ぜひこちらでどうぞ。
nihonbuson.hatenadiary.jp

感想

ワークは、実際にテストの現場でありそうな会話から、テストの7原則に反してそうなものを見つけるという内容でした。ワークのまとめで言及されていたのですが、テストの7原則を理解した上で、「7原則があるからと言って、正義を振りかざすべきタイミングを見極める。原則に沿えない場合もあるので話を聞いて障壁を取り除く」ことができるのが重要だと感じました。次のワークでも感じましたが、相手を詰めても前に進めないので、7原則は、背景などを話した上で「じゃあどうするか」を考えるための材料にするべきものですね。

物語を想像して問いを立ててみよう

(かおりっとさん)
資料はこちら!
speakerdeck.com
「問い」をうまく活用して、相手の考えていることを紐解いていくセッションでした。
ワークで実施した内容は次の通りです。

  • 相手に何かを思い浮かべてもらう
  • 相手が思い浮かべたものを当てるために、「問い」をしていく。ただし「問い」で使えるのは、Yes/Noでこたえられる質問のみ。
  • ワークでは時間が限られるため、実行委員が用意してくれたテストに関するキーワードの中から「答え」になるものを選ぶ
  • 質問は5個まで

実際にやってみると、色々な想定外が発生し、思った以上に難しかったです。

  • 「問い」を立てるって難しい
  • 自分が「問い」で使った言葉で相手が同じものをイメージしているとは限らない
    • 「イベント」という言葉でWACATEやJaSSTを想定していたけど、相手は「レビュー」などの粒度で想定していた、という例があった
  • キーワードの中から答えを選ぶ形式で、選んだものが同じ事態が発生。同じものを選ばないだろうというバイアスが働き、答えを当てられなかった
感想

問いって本当に難しいなーと感じました。問いはうまく使わないと、相手を詰めてしまう凶器になりかねないとは思ってます。ワークの短い間でも、背景のずれやバイアスがかかったりとかを、ちゃんと意識できる状態で体感して、「ここまでずれるものなのか!」という実感が持てたのは大きいな、と思います。
「自分たちのシステムを使う人はどういう人だろう?」と考えるときとか、何かの認識ずれでバグが発生してしまった時のふりかえりとかで「問い」が使えそうな気がしています。

形式手法ってなんだろう?

(べにさん)
speakerdeck.com
形式手法は数論理学に基づいた手法。

  • 仕様を厳密に書ける、明確に意味を一つに絞れる
  • プログラミング言語そのまま? いいえ、実装ではなく仕様を記述することが可能です

形式手法のいいところ

  • 仕様を厳密に書ける
  • 実装ではなく仕様を記述できる
  • 実装前に検証が可能
  • 何が複雑なのかを把握できる
感想

形式手法は、基礎知識がないと難しいと感じました。例を真似すれば書けはするのだけど、自分が何を書いてるのかわからなくて同じチームの方に解説してもらいました。チームメンバに助けてもらえるの良かったです。ただ、すみません、形式手法は私には早かった。。。あまり理解できてないので要復習です。。

ディナーセッション、夜の分科会

美味しいごはんを食べたり、飲む人はお酒をいただきながら夜23時までテストについて語り合う変わり者たちの宴です! 夜の分科会では、よしたけさんのテスト観点共有会のセッションに参加しました。電話番号に関する観点を出し合ったのですが、みんなで観点を出し合うと、自分にはない観点をもらえたり、相手の出した案に乗ってそれをより深められたりというのが面白かったです。
成果物はこちら。
f:id:yuki_shiro:20191217204142j:plain
テスト観点共有会の詳しいやり方は、よしたけさんのブログをどうぞ!
yoshitake-1201.hatenablog.com

おまけ

WACATEはご飯も美味しいですよ!
f:id:yuki_shiro:20191217204108j:plain
f:id:yuki_shiro:20191217204122j:plain
三浦半島の海の幸を堪能する意味でもぜひWACATEへ!