史跡めぐり 平泉~衣川、つわものどもが夢の跡(2)

JaSST Tohokuへ行ったついでに平泉、衣川へ行ってきました。ちょうど今年は大河ドラマでも平泉が出てきたこともあって一度訪れてみたかったのです。せっかくなので一日がっつり観光してきました。むしろ一日では足りなかったので再訪したい。

中尊寺

有名な金色堂のある中尊寺にも参拝してきました。参道沿いにあるお堂にお参りしながら月見坂を上っていきます。そこそこ長い坂なので、熱い時期はつらいかもしれません。タクシーだと坂の上にある金色堂のそばまで上がれるという話を聞いたので、体力に自信がなかったり気候がイマイチなときに行く方はタクシー利用が良さそうです。

月見坂。道沿いの木が立派

お堂色々

初めての中尊寺ということもあって、月見坂沿いに点在しているお堂やビューポイントを巡りながら登ることにしました。

月見坂沿いにある弁慶堂。他にもお堂がいくつもあります。
弁慶堂のあたりから見た風景。北上川とそれに注ぐ衣川が見えます。衣川は水面見えてませんが文字を付けたあたりから北上川方面に伸びてる緑のラインが川の土手です。
弁財天堂。黄色のあやめが咲いていて綺麗でした。もみじの時期も美しいと思う。

讃衡蔵

往時は大伽藍だったそうですが当時のものの多くは焼失しており、建立当時から現存する建物は金色堂と経蔵のみになります。ただ、寺宝のいくつかは今も伝えられており、一部は中尊寺の宝物館である讃衡蔵(さんこうぞう)で拝観できます。私が行ったときには、古くから伝わる仏像とか、中尊寺経という名前でも知られる紺紙金銀字交書一切経などが展示されていました。
当時から伝わる品々は本当に贅を尽くしたという感じでした。平泉のガイダンスセンターで藤原清衡の生涯と中尊寺建立の願文に触れていたので、月並みな感想ですが、彼が平和を祈って本当にできる限りのことを中尊寺に注いだのだろうなということが窺えました。

金色堂

藤原清衡が一番力を入れていたのではないかと思うのが、やはり金色堂です。

金色堂。内部は撮影禁止なのでここからのアングルのみ。

お堂の中に入ると、ガラスケースの向こう側に金色堂が見えます(仕方のないことなんですが、ガラスケースの向こうにあるとどうも「展示品」っぽく見えてしまう)とはいえ、建物全体が金箔に覆われ、内陣も金箔や蒔絵、螺鈿で飾られて贅を尽くしたものでした。讃衡蔵で読んだ解説によると、螺鈿に使われる夜行貝は沖縄あたりで採れるものだそうなので、奥州藤原氏が独自の交易ルートを持っていたことが分かるそうです。
奥州藤原氏三代の遺体と四代目泰衡の首級もこちらに安置されています。金色堂は一度訪れてみたかったところなので今回訪問できて本当に良かったです。

経蔵

金色堂と並んで建立当時から残っているのが経蔵です。往時はこちらに「中尊寺経」が収蔵されていたそうです。

経蔵。静かな佇まいがきれいでした。

覆堂

かつて金色堂を覆うために建てられたのが覆堂(おおいどう)です。(覆堂が建つまでは金色堂がそのまま風雪にさらされる形で立っていたのもすごい気がします。金閣寺のような感じだったのでしょうか)金色堂の保護という役割から内部に柱がない独特の構造となっているとのことでした。

覆堂は人が多くて正面の写真が撮れなかったので、松尾芭蕉銅像と覆堂側面の写真です。

平泉文化遺産センター

中尊寺から毛越寺への近道の途中にある文化施設で、敷地内には蔵王権現堂の跡と伝わる花立廃寺跡もあります。

この下に花立廃寺の遺構が埋まっています。

展示内容はガイダンスセンターと重複するところもありますが、こちらでは中尊寺ハスの剥製が見られます。

中尊寺ハスの花

中尊寺ハスは奥州藤原氏の四代目・泰衡の首桶の中に収められていたハスの種を、研究者の方が時を越えて発芽させたものです。800年前の種を発芽させられるのすごいですね。
泰衡の首に誰がどんな思いでハスの種を供えたのか想像すると色々なドラマがありそうです。結果的に泰衡の代で奥州藤原氏が滅亡してしまったので当主としてはあまりよい評価はされてないように思いますが、ハスの種を供えて先祖代々の傍に葬ってくれた人はいたということですよね。
中尊寺ハスは一度実物が咲いているのを見てみたいです(しかしハスの咲く時期は暑いのがネック)

無量光院跡

無量光院は奥州藤原氏三代目の藤原秀衡が建立した寺院です。往時は宇治の平等院鳳凰堂を模したお堂が建っていたとのことですが、現在は池のみが復元されています。平泉の信仰の山である金鶏山がちょうど西の背後になるよう建てられており、西方浄土を表したものだったそうです。
ここは午前中に立ち寄る予定だったのが、ルートを間違えて午後3時頃に訪れました。結果的にちょうど西に日が傾きだした時間帯になり、西の金鶏山から光が差してくる形になってよい雰囲気でした。たぶん夕方日の沈む時間帯に訪れると綺麗だと思います。

無量光院跡の復元された池。逆光気味ですが、金鶏山方向にかかる雲とその向こうの太陽で雰囲気のある写真になった気がします。

観自在王院

観自在王院跡は奥州藤原氏の2代目・藤原基衡正室が基衡の死後に建立したお寺です。現在は残っていませんが、舞鶴が池を中心にお庭が復元されています。平安時代の御庭造りの教科書『作庭記』によると「池は鶴か亀の形に掘るべし」を基にしたと考えられているそうです。

南門跡。写真で見えている範囲はほぼ観自在王院の境内にあたります。広大!
舞鶴が池。ちょうどお花が咲いていて優美な雰囲気でした。

毛越寺

毛越寺藤原基衡・秀衡が建立したお寺で、観自在王院の隣にあります。夫の基衡が建立した毛越寺の隣に、彼の死後正室観自在王院を建立したという時系列だそうです。建立当時から残る建物はありませんが、毛越寺庭園、特に大泉が池とそこに注ぐ鑓水は平安末期の浄土庭園の姿が良好に残っているのだとか。

毛越寺本堂
池。海岸線の荒々しいあたりを模したもの(だったと思います)
池に注ぐ鑓水。蛇行していたり急流と緩やかな流れがあったり、『作庭記』に記された技法が使われてる様子をそのまま見ることができる。曲水の宴も催される。
池に浮かぶ龍船。右のあたりは州浜といって海の波の緩やかなあたりを模したもの
常行堂。青モミジが綺麗でした。

義経公妻子の墓

ここは行こうかどうか迷ってたのですが、毛越寺を見学し終わった後まだ時間があったので「よし、行けるぞ!」ということで行ってきました。平泉の信仰の山である金鶏山の中腹にあります。けっこうな坂道を上るので電動アシスト付き自転車じゃなければ多分諦めてました。

金鶏山登山口

金鶏山への登山道入り口近くに小さなお墓が二基あります。そっと手を合わせて参りました。

ひっそりたたずむ義経公妻子のお墓

少しだけですが山の中に入るので、日の高いうちに行くのがお勧めです。

おまけ

ランチ@Cafe SEKIMIYA

お昼はネットで調べていたCafe SEKIMIYAさんへ。ちょっと路地を入ったところにある静かな雰囲気のカフェです。岩手のブランド豚である佐助豚を使ったメニューがあるとのことでこちらにしました。お肉は柔らかく、付け合わせの野菜も美味しかったです。

佐助豚のポワレがジューシーで美味しかったです。こちらのほかにスープ、デザート、ドリンクがついて1,300円でした。

こがね屋菓子店

駅からちょこっと歩いたところにあるお菓子屋さんです。入って正面のショーケースは洋生菓子が並んでますが、お土産にできそうな和菓子もあります。今回は一音(いっとん)という和菓子を購入しました。胡麻がたっぷり乗った焼餅に、平泉らしく金粉があしらわれています。上品な甘さで美味しかったです。

一音の外袋
焼餅の上に胡麻がたっぷり、写真ではちょっと分かりにくいけど金粉もあしらわれています。